スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『HOME 愛しの座敷わらし』完成披露試写会…2012.4.12

愛しの座敷わらし_0001a_compressed

どうも~!!
二回目の記事になりますヾ(`・ω・´)ノ

こちらの映画は4月28日(土)に全国公開です!

実は先日Twitterで「完成披露試写会に行きたい」とつぶやいたところ…
ある方が私も観れるように招待券を譲って頂きました!!
本当にありがとうございました( ;∀;)

完成披露試写会ですが、映画の中の高橋一家と原作者、監督という顔ぶれでした! 私は子役好きなのでお目当ては元子役”水谷豊”さん!!
…というのは冗談で(最終的には冗談では済まなかったですが)。
あの3強の1人の濱田龍臣くんでしたヾ(*´∀`*)ノ
そんな龍臣くんの話は余談にするとして…(笑)

実はこちらの作品の原作者、『誘拐ラプソディー』と同じ方でした!!
好みなわけだ(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

高橋一家と監督、原作者の完成披露試写会でのコメントや様子などはニューストピックでご覧になってください^^

それではどうぞ↓












愛しの座敷わらし_0002a_compressed

1:ストーリー

 父・晃一の転勤で、東京から岩手の田舎町へと引っ越してきた高橋一家。
晃一がよかれと思って選んだ新しい住まいは、なんと築200年を数える古民家だった!
東京での暮らしに慣れていた妻の史子は突然の田舎暮らしに不安と不満でいっぱい。老人ばかり近所付き合いにも乗りきれない。中学2年生の長女・梓美にも古民家はただのボロ屋にしか見えず、転校先の学校生活にを考えると落ち着かない。転校前の学園生活でも人間関係で悩んでばかりだったからだ。また、同居する晃一の母親・澄代は田舎住まいには支障を語らないものの、最近、認知症の症状が始まりつつある様子。唯一、古民家への転居を楽しんでいる小学4年の長男・智也は、治りかけている喘息の持病を今も史子にひどく心配され、サッカーをやりたくてもやれずにいる。五者五様、どこかぎくしゃくしている一家をやんわりとまとめたい晃一だったが、家族の不平不満をなかなかうまく解消することができず、異動先の支社でも馴れない営業職に悪戦苦闘の毎日だった。
そんなある日、不思議な出来事が高橋家に起こり始める。誰もいない場所で物音が聞こえたかと思えば、囲炉裏の自在鉤が勝手に動いたり、掃除機のコンセントがふいに抜けたり、手鏡に見知らぬ着物姿の子どもが映ったり。どうやらこの家には東北地方の民間伝承で有名な”座敷わらし”が住んでいる?!
一風変わった同居人と高橋一家の不思議な共同生活。
どうなる高橋家!?

-『HOME 愛しの座敷わらし』オフィシャルサイトより


2:キャスト

高橋 晃一 ... 水谷 豊
高橋 史子 ... 安田 成美
高橋 梓美 ... 橋本 愛
高橋 智也 ... 濱田 龍臣
高橋 澄代 ... 草笛 光子

3:ニューストピック
(気に入った画像がある記事や内容の記事をまとめました)

水谷豊と安田成美が夫婦役『HOME 愛しの座敷わらし』完成披露 ※動画あり
水谷豊、安田成美と初共演!ノリさんに感謝
水谷豊、安田成美との共演後押し憲武に感謝
水谷豊、安田成美との夫婦役実現は木梨憲武のおかげ!友人として初めて感謝
水谷豊、木梨に感謝…映画『HOME 愛しの座敷わらし』
水谷豊、”友人”木梨憲武に初感謝 安田成美との共演後押し
水谷豊 岩手舞台の映画に思い「全国に幸せを」
水谷豊&安田成美が”夫婦”役で初共演、後押ししたのは木梨憲武
水谷豊と安田成美の共演は木梨憲武がキューピット!東北初の温かなドラマ『HOME 愛しの座敷わらし』

4:見所 ~マジックスリー~

Ⅰ、岩手県の美しい自然
映画の中には、とても美しい風景がありました。
それと虫たちの泣き声、鳥たちの泣き声、風の音…
都会にはない魅力が詰まっています!

Ⅱ、ユーモラス
固くならず、泣こうと思わず…
ただ楽しんで映画を観るといいと思います。
高橋家から平凡な生活の中での家族の楽しい姿が見られます。
クスッと笑って観れれば、きっと幸せな気持ちになる映画。

Ⅲ、目には見えない2つのもの
一つ目に「座敷わらし」。
小さな女の子が家族の絆を強く結びつけます。
悪戯で母や姉を驚かせ、祖母に姿を現し、弟と兄妹のように仲良くなります。
二つ目は「幸せ」。
幸せの形は目には見えないですし、形もありません。
そして人それぞれ幸せの感じ方は違います。
この映画は家族映画なので、家族の絆としての幸せが大きなテーマです。
それは最後まで忘れずに観てください!

5、感想

正直なところ、私は邦画はあまり好んで観ることはないんです。 なので今回もお目当ての龍臣くんがいなければ、観ることはなかったでしょう(笑) ですが、観終わった後にとても幸せな気持ちになりました!! 観て良かったですし、今年のG.W.に是非観に行ってほしい映画ですヽ(・∀・ )ノ

いきなり引っ越しから本編は始まります。 それぞれ家族としてはバラバラには見えませんが、心と心は離れているような印象です。 それぞれ新しい土地で新しいスタートはうまくいかないことが続きますが、きっと現実もそんなものでしょうね。 もっと厳しいかも?(笑) 

序盤から見所となる岩手県の自然は素晴らしく、これから訪れる夏が待ち遠しくなるくらいです!! 私のお気に入りのシーンは智也(龍臣)くんが自転車で出かけるところです。 うわー、気持ち良さそうヾ(*´∀`*)ノって思うほど緑豊かで、青空と風と生き物たちの泣き声が合わさって素晴らしいなと思いました。 他にもシャボン玉やたんぽぽが舞う映像も綺麗で、映画全体が自然の映像美で仕上がっているなと感じました。

家族ドラマの方は、晃一(水谷豊)さんのキャラがとても面白くて楽しいです。 座敷わらしの存在を知ることになるシーンでは、家族全体がおかしくて笑ってしまいます(笑) それと岩手県の方の方言が全くわからないところがありますが、観客みんなで笑ってしまうほどです(笑) そんな座敷わらしという存在を知ると同時に、家族が一つになり、それぞれの抱える問題も良い方向へと進み始めるので、これぞ家族映画だな~と思いました。 安心するというか、こんな家族うらやましいな~って(笑)

後は個人的に子役の龍臣くんに焦点を絞ると、新しいお家ではしゃいだり、弟として姉と仲良くできなかったり、あるシーンで肌の白さが際立ったり、サッカーしたり、女の子に恋をしたり、座敷わらしと遊んだり…と見所盛りだくさんなんですよね(笑) 龍臣くんファンの方は本当に喜ぶだろうなーと思います!

楽しいことだけではなく、しんみりするシーンもあります。 感動的な話をするところもあります。 特に晃一(水谷豊)さんが話す「囲炉裏の火」のお話は感動的ですし、心にも残ります。 とても楽しくて微笑ましくて温かい映画でした。

6:余談

舞台挨拶の中の龍臣くんね…緊張気味でした(笑)
私にとっては初めての生の龍臣くんだったこともあり、龍臣くんの足の細さにびっくりです!! ズボン越しでもわかる細さ(笑) そして肌の白さと緊張による耳の赤さ、横顔や正面から見る整った顔立ち(´∀`*) 生で見る肩をすくめて笑う姿に、もう見惚れてしまいましたΣ(ノ∀`)ペシッ
醸し出す雰囲気というかオーラと言うんでしょうか? 違いますね、やっぱり(笑)
もう可愛すぎて夢にも出てきました(*´ω`*) 龍臣くんの出演映画でこんなに幸せな気持ちになれて、本当に良かったなと思います!!

愛しの座敷わらし_0003a_compressed



スポンサーサイト

コメント

相川さん、はじめまして。
(某チャットでは、何度かご一緒させていただきました)
この映画、原作を読んで、すごく楽しみにしていたので、
試写情報、ありがとうございました。

龍臣くんは勿論、気になるのが、座敷わらし役。
(原作では、明確ではないものの男の子でしたけど・・)
CG?(これは見てのお楽しみにしておきます)

これからも少年映画のファン層拡大のため、頑張って下さい。
2012-04-14 09:46 Eastend #YqzQT8Bs URL編集 ]

Re:お返事

わあぁ((o(´∀`)o))
Eastendさんにコメント頂けるなんて光栄です!!
お久しぶりです!(チャット以来なので4,5カ月ぶりですね。)

もう映画の原作読まれてるんですね!
そうするとどのように映画が映るのか変わってきますよね。
Eastendさんが取り上げるのを楽しみにしています!!

座敷わらし役ですか。
見てのお楽しみにしているようなのですが、一応ブログに書いて…

少年映画好き増やしていきたいですヾ(*´∀`*)ノ
これから皆さんの後ろを全力で走りたいと思います(`・ω・´)シャキーン
2012-04-14 21:54 相川 幸二 #tHX44QXM URL [ 編集 ]

生の龍臣君に 会いたーい

相川さん こんばんは
そうですか 招待券譲ってもらえましたか!
そんな良い人が近くに居るなんて 羨ましいです
たぶんネット上では私も その人のお世話になってるかな?
神様 仏様 ○っ君様って感じですね

楽しい映画みたいですね
水谷 豊さんと言えば 相棒 のイメージが強い方が多いと思いますが
私は 熱中時代 の先生役の水谷さんが大好きでした
あんな先生に習いたいって思ったもんです
年がばれますけどね ちょうど BOY と同じ時代で
草笛さんも 出ていたんですよ

龍臣君の自転車シーン 気持ちよさそうですね
恋愛 座敷わらし と遊ぶシーン 観たいですね
わらし は どんな感じで出てくるのか?
透明なのか子供の姿なのか楽しみです
わらしって妖怪なのか それとも亡くなった子供の霊なのか
どちらにしても ずっと子供のまま なわけで
過去~現在~未来という時の流れに逆らえるっていうのは
何処かの永遠の17歳に似てますな

龍臣君のネクタイ付けた衣装 良いですね
黄色のネクタイって龍臣君だからこそオシャレに見える
離れしない何時までも初々しい龍臣君 好きだな
生で見たかったです
5月はなんとか行きたい

では また
2012-04-14 22:04 ゆうき #- URL [ 編集 ]

はじめまして。試写会を見に行って、しかも龍臣くんを生で見たなんてうらやましい限りです。

この映画も、本来なら龍臣くん目当てで見に行く映画ですが、水谷さんも安田さんも草笛さんもみなさん私の好きな俳優さんなので、本当に期待している映画です。

ところで、龍臣くんの肌の白さが目立ったあるシーンとはもしや入浴シーンのことでしょうか!?龍馬伝では汚れメークをしていたのであまり肌が白いと思わなかったです。

もし入浴シーンがあったのなら、どの程度まで龍臣くんが美肌を披露しているか教えていただくことは出来ないでしょうか(例えば肩から上だったとか・・・一応、そういう露出的なシーンを語るのが嫌なのであれば書かなくても結構です・・・)

露出度によっては伝説に残る映画に・・・。露出度によらなくても今年一番の名作映画になることは間違いないと思います。

純粋に映画と子役を楽しむ相川さんに失礼なコメントだとすれば申し訳ありません。今後もよろしくおねがいします。
2012-04-14 22:44 福山竜太郎 #tE21prRc URL [ 編集 ]

ブログ開設おめでとうございます(^^)!
遅くなりました;

たつおみくん生で見たのですね!いいなー
私は個人的にたつおみくんはぽっちゃり目な印象(失礼)だったのですが、痩せているんですね(゚゚)ちょっと意外←

映画、面白そうですね!映像美とかもいい
観に行きたいと思います(^^)GWに(笑)

くりのーんさんのブログ、これからもお邪魔しまーす(^ω^)
2012-04-15 17:35 のみーな #0MXaS1o. URL [ 編集 ]

Re: 生の龍臣君に 会いたーい

コメントありがとうございますo(^▽^)o
実は一緒に行った◯っくんも譲ってもらえたんですよ(笑)
二人してラッキーな感じでした( ´ ▽ ` )

とっても笑えて楽しい映画でしたよ!!
一昔前の 熱中時代の方ですよね?!
比較的最近の熱中時代は最後に龍臣くんが出演してましたね(`・ω・´)
あの続編出ないのかな(´・ω・`)
草笛さんと水谷豊さんが共演している映画や作品は、実は今回が初めてでした(笑)
舞台挨拶でもお話していましたが、お付き合いが長いそうで共演も多いとか…
本当、日本俳優には疎いんですよ私(ノω<;)

龍臣くんと自然美の融合ですよ(笑) 見惚れます…
恋愛は初心な感じが可愛らしく、コミカルな部分もありキュンとします!
座敷わらしのお兄ちゃんみたいで微笑ましいシーンも多くて、見応えたっぷりですヾ(*´∀`*)ノ
確かに座敷わらし…私と同じ匂いがしますね(゚Д゚)←

相変わらずの王子っぷりでした(笑)
テレビ越しでは感じられない雰囲気がいいですね!!
それとなんと言っても細い(笑) もう思った以上の細さに身を乗り出しちゃいそうでした(´つω-`)
次の機会も逃さずに生で見たいところです(´;ω;`)

また遊びに来てくださいねノシ
2012-04-15 18:47 相川 幸二 #- URL [ 編集 ]

Re: お返事

>福山竜太郎さんへ

はじめまして! ブログ読んでいただいて、またコメントまでありがとうございますo(^▽^)o

観てからのお楽しみとしていたのですが、入浴シーンのことでした(`・ω・´)キリッ
肌が白くて可愛いですよ(つд⊂) どこまで披露しているのかは…観てからのお楽しみです(笑)

龍臣くんの出演作の中で、こちらの映画が私は一番好きです!!
映画としても楽しめるので是非、劇場で大きな龍臣くんを観てください(`・ω・´)ゞ
今後もよろしくお願いします( ^ω^ )
2012-04-15 22:00 相川 幸二 #tHX44QXM URL [ 編集 ]

Re: お返事

>のみーなさん

ありがとうございます!!
早速コメントまで…ありが…。・゚・(ノД`)・゚・。

念願の生龍臣くんでした(o^^o)
頬がふっくらしているので、テレビだと細いのがわからないのですが…
生で見ると全然細いですね(笑) それがまず第一印象でした(笑)

映画は楽しいですね!! 笑うので面白い、幸せな気分になります(#•v•#)
テンポも良くて、ぐだーってならないのもいいです!
是非劇場で綺麗な映像と龍臣くんを楽しんでください(´∀`)

これからも当ブログ含めて、よろしくお願いします(`・ω・´)ゞ
2012-04-16 00:31 相川 幸二 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://aikawamovie.blog.fc2.com/tb.php/2-3a686a80

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。